エステは独立が多い業界

エステの施術エステティシャンという仕事が、どのようなものであるのかをご存知でしょうか。
名前の通り、エステで仕事をする人、特に直接施術を行う人のことを指してエステティシャンと呼びます。
ただし、その就業の形態などについては、あまり詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。
今やエステは全国各地に存在していますが、これらのエステには大きく二つの種類があります。

1つは「チェーン店」と呼ばれるようなエステです。
チェーン店型のエステというのは、それぞれのエステが店長エステティシャンに任されることになるものの、基本的な経営については本社の方針を元に行われることになります
店長も含めて、エステティシャンは全て「雇われ」という立場となるのが特徴です。

もう1つは「個人店」と呼ばれるようなエステです。こちらは個人のエステティシャンが独立し、自分だけのお店として営業しているエステということになります。こういったタイプのエステの場合、少なくとも経営者であるエステティシャンは雇われではありません。つまり、個人店の場合は給与によって収入を得るのではなく、その店の売上によって収入を得ることになります。また、個人店でも、経営者以外のエステティシャンについてはやはり雇われということになります。雇われと独立エステティシャン、どちらにもメリットとデメリットがあります。ここからは、案外知られていないことが多い「独立エステティシャン」がどんなものであるのかを紹介します。


Published by