成功するポイント

実際にエステティシャンとして開業を行う場合、どのようなポイントに気をつけると「成功」を収める事ができるのでしょうか。いくつか重要なポイントがありますが、まずはエステティシャンとしての腕と信頼性が求められることになります。個人のエステの場合、利用費用の面では様々な融通が利くチェーン店に対抗するのは難しいのが実状です。それでいて、あまり実力がないというのであれば、あえて個人店を利用する理由が他の人にとってはなくなってしまいます。重要なのは、チェーン店と比べて「この店を利用したい」と思わせることです。他にはないようなエステを行ったり、腕を持っていることが成功のために必要な大きなポイントとなります。

もう1つ重要なポイントとなるのが「マーケティング」です。マーケティングには「情報収集」と「情報発信」という二つの意味があります。今、エステをしたいと思っている人達がどのようなサービスを欲しているのかの情報収集を行い、できる範囲で対応をしていくことがまず重要です。さらに、そのサービスを行っていることを、周囲に分かるように知らせる「広告」も、やはり成功のためには欠かすことができない大きなポイントとなります。

開業の方法・費用

実際に個人エステを開業する場合には、どのような事が必要なのか、ということについて紹介します。エステティシャンというのは、特別な資格が必要な仕事ではありません。開業をする場合でも同様であり、特別な資格がなくとも開業を行うことができます。(ただし、まつげエクステエステのようなエステを開業したい場合には、美容師としての資格が必要となるため注意が必要です)

エステティシャンとして開業をする場合、考えなければならないことの1つとして「個人事業主」としてエステを開業するのか、あるいは「法人」としてエステを開業するのかの違いがあります。どちらもそれほど難しいものではありませんが、より簡単であるという理由から前者の個人事業主としての開業を選ぶ場合が多くなっています。個人事業主として開業を行う場合には、個人事業主の開業届出書を税務署に提出することによって、開業申請を行うことができます。この申請は、実際に営業を開始してから1ヶ月以内に行わなければなりません。

個人事業主としての開業であれば、手続きのために特別な費用が必要になることはありません。すでに所有している場所を店舗として利用するのであれば、そちらに掛かる費用もありません。

開業前に知るべきこと

エステティシャンとして独立をする前に、「雇われエステティシャン」と「独立エステティシャン」には、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのかについて紹介します。独立を考えるという人も、多くの場合は最初は「雇われエステティシャン」としてスタートすることになるため、これについて知っておいて損はありません。

まず、雇われエステティシャンの場合のメリットは、店舗の売上に関係なく最低限の収入が保証されているということです。月給制にしろ、時給制にしろ、労働時間に応じて収入が得られるシステムとなっているため、もしその店舗の業績が不振であったとしても、決まった給与が得られる仕組みです。安定をしている反面で、自分の実力が評価されにくく、自分の実力によって得たお客や収入についても、あくまでも店の収入として扱われることになります。

独立エステティシャンの場合のメリットは、自分の能力によって収入が決定される、ということです。これはエステティシャンとしての実力、というだけではなく「経営者としての実力」も問われることになります。どちらかだけでも、独立エステティシャンとしては成功することができません。ここがデメリットとも言えます。

エステは独立が多い業界

エステティシャンという仕事が、どのようなものであるのかをご存知でしょうか。名前の通り、エステで仕事をする人、特に直接施術を行う人のことを指してエステティシャンと呼びます。ただし、その就業の形態などについては、あまり詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。今やエステは全国各地に存在していますが、これらのエステには大きく二つの種類があります。

1つは「チェーン店」と呼ばれるようなエステです。チェーン店型のエステというのは、それぞれのエステが店長エステティシャンに任されることになるものの、基本的な経営については本社の方針を元に行われることになり
ます。店長も含めて、エステティシャンは全て「雇われ」という立場となるのが特徴です。

もう1つは「個人店」と呼ばれるようなエステです。こちらは個人のエステティシャンが独立し、自分だけのお店として営業しているエステということになります。こういったタイプのエステの場合、少なくとも経営者であるエステティシャンは雇われではありません。つまり、給与によって収入を得るのではなく、その店の売上によって収入を得ることになります。また、個人店でも、経営者以外のエステティシャンについてはやはり雇われということになります。雇われと独立エステティシャン、どちらにもメリットとデメリットがあります。ここからは、案外知られていないことが多い「独立エステティシャン」がどんなものであるのかを紹介します。